• 古民家の基礎知識

古民家リノベーションの費用や実例!安く抑える方法や手順もご紹介

古き良き古民家に新たな生活様式の良さを加える古民家リノベーション。過去と現代の生活文化の魅力が融合した、今ならではの居住空間が生まれます。

リノベーション費用を予算内に収め、なおかつ納得のいく住まいを実現するには、予めいくつかのポイントを押さえることが大切です。過去の事例や手順を含めて確認しておきましょう。

施工費用を安く抑える方法や「ハレノヒ住まい」の施工事例、リノベーションの手順を解説します。


古民家リノベーションにかかる費用

古民家を現代のライフスタイルに合った形にリノベーションする場合の費用相場や、安く抑えるポイントをご紹介します。資金計画の参考にしてください。


古民家リノベーションの費用相場

リノベーション費用は、リビングのみ、家全体など、リノベーションする範囲によって施工費用に大きな幅があります。家全体の施工では数千万円することも珍しくありません。


価格を安く抑えるポイント

上記の通り古民家リノベーションは数百万円~数千万円の費用が掛かります。総費用を安く抑えるためには、施工会社選びや物件探しの段階から工夫できることがあります。


お問い合わせはコチラ>>


地元の施工会社に依頼する

地域に根差した施工会社に依頼すれば、リノベーションにかかる金額を抑えやすくなります。地元の施工会社は全国規模の大手リノベーション業者と比べ、広告費をかなり削減しているからです。

ハレノヒ住まいは静岡市を拠点にする地域密着型の建築士事務所ですが、広告をできるだけ打たずにその分リーズナブルな価格でご案内できるよう努めています。

また下請け業者に発注せず設計・施工を一貫して行うため、中間マージンも発生せずその分、さらに費用を抑えることができます。ご希望の予算や資金計画についてもぜひご相談ください。


工事の必要が少ない物件を選ぶ

工事しなければならない箇所が少ない物件を選ぶこともひとつの方法です。特に水回りの通りや雨漏りの状況は入念にチェックしましょう。

これらの修繕工事はカビやシロアリの対策に欠かせませんが、比較的状態が良ければ施工費用を大きく抑えられます。

一方、一見工事が必要に見えて、実は必要ないポイントもあります。例えば、柱のヒビ割れです。程度によりますが、住むうえでそれほど安全性に問題はないこともよくあります。

また、下水道でなく浄化槽を利用しているところもありますが、浄化槽自体がまだ使えるなら工事の必要はありません。

浄化槽が古くて使用できない場合は、下水道の工事をするか、下水道が近くに通っていなければ新しい浄化槽を設けます。

本当に必要な工事を見極めて費用を抑えるには、「古民家鑑定士」や「古材鑑定士」がいる施工会社に依頼することが大切です。

ハレノヒ住まいの施工担当者は両方の資格を習得しているので、必要な工事内容を的確にお知らせできます。お客様のご要望に沿った物件もご紹介できるので、ぜひご相談ください。


補助金を活用

以下のように、古民家のリノベーションで利用できる補助金はいくつかあります。

  • 耐震補強に関するリフォーム補助金
  • 省エネに関するリフォーム補助金
  • バリアフリーに関するリフォーム補助金

利用にはそれぞれ条件がありますが、一部のみの改修でも適用されるなど、比較的交付されやすいものもあります。条件は自治体によっても異なるため、以下を参考にしてください。


古民家のリフォームに使える補助金・減税制度を詳しく解説!>>


外観・内観ともに魅力的な古民家リノベーションの実例

実際にハレノヒ住まいが担当した古民家リノベーションの事例をご紹介します。素材にこだわり豊かな自然と暮らすリノベーションの一例です。

静岡市駿河区のO様邸です。

2008年、築100年を超える古民家を現代風にリノベーション。ご夫妻は当初建て替えも視野に入れていたものの、古民家に残る立派な大黒柱を目にして、「少しでも残せるものを次の世代に残したい」と、リノベーションを決意されました。

古民家の良い部分には手を入れず、土足での行き来が必要で不便だったキッチン・水回りを中心にリノベーションしています。

総施工費約2000万円、工事期間は半年~1年程です。


お客様の声はコチラ>>

施工事例はコチラ>>


古民家リノベーションの手順

リノベーションの流れを把握すれば、資金計画も含め、実際の計画が立てやすくなります。主なステップは次の通りです。


①物件探し

持ち家のリノベーションでない場合、まずは物件探しから。不動産業者や行政、NPOなどから物件の紹介を受けられます。

ハレノヒ住まいは設計・施工会社ですが、物件のご紹介も可能です。古民家に関する知見に基づいて、お客様のご要望に沿った物件のご提案や、選ぶ基準に関する適切なアドバイスができるので、ぜひご相談ください。


②施工会社へ依頼

古民家のリノベーションやリフォームを得意としている会社へ依頼することがポイント。さらに、住みたい物件がある地域に根差した、地元密着型の施工会社がおすすめです。古民家特有の耐震施工や、地域の気候・土地環境に合わせた湿気・乾燥対策を、適切に施すことができます。


③住まいのイメージづくり

完成イメージや資金計画について綿密に打ち合わせを行います。①で物件が決まっていない場合は、ここでご希望の場所も伺い、その後物件調査を行います。

物件がすでに決まっていても改めてハレノヒ住まいが物件を鑑定し、日当たりや排水状況を調査。そのうえでお見積り、工事の流れをご説明し、ご契約と進みます。

末永く住み継ぐ住まいだからこそ、施工前から安心していただくために。お客様の住まいに関するご不明点は、着工までに全て解消することを心がけています。


④着工

着工後の施工状況も随時お知らせします。工事中もお客様のお立ち入りは可能なので、気になることがあればいつでもお申し付けください。


古民家リノベーションの詳しい流れはコチラ>>


リノベーションで、”今”だからこそ作れる”居間”を

歴史や伝統を感じる古民家は、リノベーションによって新たな生活様式の良さを加えることで、今だからこそ創れる居住空間に生まれ変わります。

新鮮な空気を吸って、優しい光を浴びて、大好きな景色が見える場所で日々の暮らしを営んでみたい。そんなお客様ひとりひとりの理想を、を古民家リノベーションで叶えましょう。

お問い合わせはこちら
054-282-6681

営業時間 9:00-18:00(定休日:日曜日)